読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブロンズカードゲット♡

f:id:anasfc2017:20170421111845j:plain

 

ブロンズカードが手元に郵送されてきました。

ひとまず6号目まできた、というプチ達成感はあるけど、これほぼ使うことはなさそうですね笑

来月友達と沖縄、6月は福岡に行きますが、修行ではないのでそんなにプレミアムポイントはたくさん貯められなさそう。

沖縄、プレミアムクラスにアップデートできるといいんですが・・GWじゃ無理ですよね〜。

 

残り10000ポイントくらい、どこに行こうかなー。夏の海外の予定決めて、足りない分はOKAタッチで達成かな!

年末の帰省とかまで粘るのは怖いので、秋くらいまでには達成したいですね。

ブロンズステイタスになりました!

先ほどANAのアプリを立ち上げてみたら・・

ブロンズステイタスに変わっていました!!

 

f:id:anasfc2017:20170403174840p:plain

 

ちなみに3日前までの画面を一応スクショ撮ってました。

ブロンズになる前はこんな感じ。

 

 

f:id:anasfc2017:20170403175011p:plain

 

PC上からのサイトも変わっていますね。

GWに友人と普通の旅行で沖縄にいくんですが、それって一応連絡し直した方がいいのかな?

溜まるマイルとか変わってくるはずだけど、予約したのが先週なので、事前サービスが始まる前だから自動的にはアップされない、とどなたかのブログで拝見した気がするんですよね。

修行メンバーではない友人との旅行なのでエコノミーだし、たいしたマイルじゃないけど、念のため連絡してみます!

 

わーいわーい、この調子でプラチナも早く達成したい!

現状、この沖縄旅行しか予約してないけど、夏休みにどこか海外でも行って、足りない分を沖縄往復かなんかで埋めて、早めに達成したいなー。

 

KUL修行2回目&ダブルチェックの重要性

先週末、二回目のKULタッチ修行をしてきました。

KUL行く前に、石垣タッチもつけています。

 

前回のKULタッチ日記が長くなりすぎて疲れたので、今回は短めに。

 

10日金曜にまずは石垣タッチ。

プレミアムクラスに当日アップグレードを狙っていましたが、

無事往復ゲット!

 

数日前からずっと満席だったのでキャンセルが出たようです。

行きはラスト1席だったので、ラッキーでした。土日だったら難しかった気がします。

 

この往復で4896ptに往復アップグレード分で2448ptゲット。

このあと24時間以内に海外に行くので、通常9000円でアップグレートが非課税で8000円代でした。お得!

アップグレード分のPP単価は約7でした。

 

そして、夜中からクアラウンプールへ。

今度は前回のフライトの反対なので、行きがANAの直行便、帰りがエアチャイナの北京経由です。

どちらもビジネスクラス

 

今回は行きも帰りも夜中発だったので、前回に比べてすごく楽でした。

フルフラットになるし(ANAクレードルなので微妙だけど)、寝てたら無事ついた、という感じ。

 

行きのANAが6658pt、帰りのエアチャイナが5857pt。

合計19859pt。

え、石垣往復つけたとはいえ、一つの旅程で2万近い!すごい!

 

と、、ここまで計算して、なんか合わない。

38466になってるはずなのに、ANAページ見ても、34794になってる・・

その差3872pt。

ANAの利用分がおかしい。

もしかして石垣フライトのアップグレード分が処理されてない?

いや、それにしても数字が合わない・・と色々思って、再度ANAページから付与履歴を見てみると・・

 

石垣から羽田の片道フライト自体がまったくついてない!!!!

石垣空港でアップデートしたときのお姉さんが、マイレージナンバー自体の紐付けを削除したとしか考えられない・・

 

気づいたので無事、事後登録しました。

でもこのブログでポイントの計算して本当によかった。

ちゃんと計算してないと見過ごすところでした。

アップグレードどころか、フライトそのものの登録が抹消されてるし、

片道9000円近くかけてアップグレードしたのも無意味になっていたし・・

後日ちゃんと反映されているか確認します。

 

きちんと反映されれば、

38466ppなので、ブロンズもすでに達成です!

 

にしても。

すっかり油断してボーディングパスはすでに捨ててしまっていて、

せっかくのフライトログも、石垣タッチは往復同じ機材・同じクルーだったため、帰りの分は書いてもらわなかったんですよ。

なので、座席番号がわからない!

まだ一週間前なので、なんとなくこのあたりの番号だったような・・と記憶を必死に思い出して、3回目くらいのトライで無事アクセプトされたんですが、

もしエコノミー席だったら席番号多すぎて絞れなかったかもしれないし、

とにかく怖い思いしてます。

 

次からは、ちゃんとポイントが反映されてるのを確認するまでチケットは残しておかないと・・といい勉強になりました。

もし反映されなかったら、3672ptの損失です><

 

短めに書くつもりが、旅行記以外のところで思いがけず長くなってしましました。

みなさんも!

マイルの登録が反映されるまではチケットの管理をお忘れなく!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

羽田伊丹往復でプレミアムポイントを稼ぐコツ

前回の記事でようやくKULタッチの日記が終わりました。

(今週末また修行二回目があります・・)

 

先週末、大阪で用事があって伊丹まで往復してきました。

普段なら新幹線でいきますが、もちろん今回も飛行機で。

貯めれるプレミアムポイントはちょっとでも貯めていきたい。

 

anasfc2017.hatenablog.com

 

ところで、この羽田岡山フライトのときにも書いたんですが、

ここで得られるプレミアムポイントは往復1068pp。

 

確か旅割45くらいで予約したと思うんですが、

金額は往復24280円なので、もちろんpp単価的にはめちゃくちゃ悪いです。単価22円。

あくまで必要だから乗っただけ。

 

このとき、岡山まで行って片道500くらいしかないのかー。。とショックを受けたんです。

今回は大阪。もっと少ないだろうなー、と思って調べたら片道420。

旅割28で往復20000円ちょっとなので、やはりpp単価は23オーバー。

まぁ、これもどうせ行かなきゃいけないから・・と思ったんですが、

ふと予約ページで料金を見ていると、旅割28と特割1の料金、1000円くらいしか変わらない。

あれ、特割のプレミアムポイントって同じだっけ?

と調べてみると・・

 

www.ana.co.jp

 

旅割は運賃7、特割は運賃5に該当。

両方とも積算率は75%で同じですが・・特割の運賃5は、なんと搭乗ポイントが400つきます!!

旅割はこの搭乗ポイントが0。

 

ここであらためて羽田岡山の料金を見てみると、特割と旅割で値段が結構違う。片道3000~4000円違うので、pp単価10まで許容だとすれば、400ppの違いで4000円違うなら、まぁ妥当というか、旅割でも特割でもどちらでも良さそう。

(といいつつ、修行を減らすためには、4000円までの差なら特割の方がいい気がするので、前回の旅割での購入は失敗ですね。特割なら1日前までに買えばいいのも利便的だし)

 

ところが、羽田伊丹便は、この値段の差が1000円で、400pp違う!

これに気づいて、もちろん旅割28の予約はやめました。

なので、先週末ゲットしたプレミアムポイントは片道820の往復で1640。

現時点での合計、18607ppです。

 

修行のために羽田伊丹往復をする方はいないと思いますが、

出張・旅行など必要に迫られて、修行の途中で利用される方も多いと思います。

その際は、旅割じゃなくて特割で予約されることをお勧めします。

1000円ほどの差で400pp違えば、pp単価は2.5です!!

(ちなみに旅割45だと特割と2000円くらい違います。それでもpp単価5だと思えば、特割が買いですね!)

 

***

 

というわけで次回は今週末の石垣往復&KULタッチ予定です。

これで30000pp突破して、ブロンズになる予定。

ブロンズの事前サービスは4月中旬から〜、ということなので、今月は今週末終わったら休憩予定。

4月に友人と那覇往復を一度入れようかな〜と計画中です。

 

ではでは、また次回!

KULタッチ修行③

昨日の続き、KULタッチ修行記の3回目。

今回でラストです。

前回の日記はこちら。

anasfc2017.hatenablog.com

 

前回クアラルンプール空港内のトランジットホテルに宿泊したところまで書きました。

ちなみに宿泊したのはこちら、

sama sama expressです。

f:id:anasfc2017:20170306185609j:plainf:id:anasfc2017:20170306185650j:plain

ダブルがいっぱいで、ツインしか予約できなかったんですが、

リクエスト入れといたらダブルの部屋に案内してくれました。

狭いですが、数時間寝るだけなので問題なかったです。

ゲートのすぐ隣で、とても便利でした。

 

そして翌朝。

ここまで出国も何もしていません。

ANAのチケットを発券して成田に帰りますが、ANAからeチケットがメールで送られてきました。

ばっちりQRコードがついていることも確認。

これがあれば発券なしでこのままゲートに行けば乗れる!

東京クアラルンプールの往復というより、

一度も出国していないので、

羽田⇨北京⇨クアラルンプール⇨成田と乗り継ぎしただけだなぁ〜と悠長にラウンジへ。

 

8時出発の予定ですが、このとき7時ちょうどくらい。

ラウンジでチケットを再度確認しよ〜、と思って表示すると・・

あれ?

QRコードが消えてる!!!

QRコードが表示されない場合はマイページに飛んでください。と書いてあるので、

wifiつないでページに飛ぶと・・

国際線は75分前からはオンラインチェックイン外、との表示・・

 

ここでものすごく焦る。

オンラインチェックインはもう時間外。

eチケットのQRコードは表示されない。

とにかく、乗り継ぎカウンターを探そう、そこで発券してもらわないと!と思って空港をダッシュする。

カウンターのお姉さんを見つけるも、「ここは国内線だから、国際線カウンターに行け」、と言われる。

案内された方向に再度ダッシュするも見つからない・・

エアラインがやってるカウンターを発見するも、マレーシア航空とか違うエアラインしかないけど、とにかくダメモトで聞いてみる。

でもメールを見ても、「直接ゲートに行け」、としか教えてくれない。

そこでANAのスタッフがいるはずだから、そこで聞け、と。

えー、ほんとに大丈夫なの?

と思うも、この時点でもうあと40分くらい。

出国して再入国する時間はないし、カウンターは見つからないし、

確かにゲートに日本語できるスタッフいればなんとかなるかもしれない、と出発ゲートに向かう。

 

ところでクアラルンプール空港って、ゲートで保安検査があるんですよ。

出国してないんでわからないんですが、入国するときは保安検査ないんでしょうか?

 

まぁそれは次回確かめるとして、

ゲートでANAのスタッフを探すも、その前に保安検査を通過しないといけない。

保安検査員に、「QRコードが出ないから、ANAのスタッフを呼んで欲しい」と言うも、(ガラス越しにANAの制服着てる人がいるのが見えたのに)、保安検査並んで通ってからにして、と言われる。

 

この時点で、もう最悪のケースを想定しました。

乗れないかもしれない・・初めてのANAのビジネス・・

でももうこれ以上できること、わたしにはない・・

と保安検査の列に並びました。

この時点であと30分。

 

並びながら、ANAの問い合わせ先に電話しようと試みるも、私の携帯からだとつながらない。

wifiはつながってるので、いろいろ検索してみるも、欲しい回答は得られない。

 

と、なんかふともう一度eチケットが送られていたメールを開いてみる。

昨日は確かにQRコードあったのに・・と思いながら、

あれ、もしかして、と思って、wifiにつないだまま再読み込みしてみる。

iPhoneなので、メールアプリを消して再起動)

 

すると、なんということでしょう!!!

QRコードが出てきた!

 

 

 

すみません、長々書いてしまいましたが、

なんかの拍子に画像(QRコードのこと)が非表示になっていて、

再読み込みで無事再現しました。

 

無事保安検査通り、もうANAのスタッフに話すこともないので、そのまま搭乗まで待ち、無事乗れました・・

 

今から考えればなんてことないんですが、

この30分くらい、ほんとに焦りました。

いつもはeチケットは印刷しているんですが、

出先だし、出国しないというイレギュラーだし、と印刷も難しかったので、

本当にちゃんと帰れてよかったです。

まぁ理由がわかったので次回はすぐ対処できると思いますが、もし印刷できないときは、メールが来た時点でスクリーンショットもとっておくことにします。

 

もし同じトラブルが起きた人の役に立ついいな、と思って長々と書いてしまいました。

 

 

**

 

話を戻して。

無事搭乗できたので、最後の3レグ目、成田へ向けて出発です。

ANAのビジネス〜嬉しい!
他の方のブログを読んで、クアラルンプール便はクレードルだからフルフラットじゃない、と期待してなかったんですが、普通にフルフラットのように寝れたような・・

スタッガードに乗ったことないので、違いがわからないだけ?

 

ANA便なので日本語字幕も多かったので、「コンサルタント」(だっけ?原題はAccountantだったはず)を見ました。

普通に面白かったです。

けど他にあまり見たいのもなく。今週末の二回目のクアラルンプール修行は、月が変わってるし中身も変わってることを期待。

 

 

 

f:id:anasfc2017:20170306185716j:plain

 

帰りもアルコールはシャンパン。

このグラスの方が、エアチャイナのより量が入ってあんまりCAさんにこまめに入れてもらわなくていいのでよかったです笑

 

そして無事成田着。

 

感想としては、KULタッチ修行①に書いた通り、かなり疲れました。

理由の一つに朝からアルコールを飲んでいること、そして食事回数が多かったことが影響している気がします。

普段は1日2食しか食べないのに、機内食以外にもラウンジでちょこちょこ食べていて、胃疲れしました。

 

今週末は前日に石垣往復もつけてるし、現地で観光もするのでよりハードな予定。

食事が楽しみなので減らすのは難しいけど、とりあえず北京空港のラウンジで食べるのはやめて、食べたいものだけ厳選していきたいと思います・・

 

ってそんなにうまくできるかな・・笑

 

今回のKULタッチで稼いだプレミアムポイントは

行きのエアチャイナが5857(羽田北京、北京クアラルンプール)、

 帰りのANA(クアラルンプール成田)が6658。

合計12505ppです!

 

そして現時点でのトータルが16967pp。

だいたい3分の1くらいきたかなー。

 

というわけで長くなってしまいましたが、KUL修行第一回のまとめでした。

今週末もKUL修行二回目の予定!

頑張ろう!

 

KULタッチ修行②

ちょっと間があいて今週末別フライトもしちゃいましたが、

前回のKULタッチ修行の続き。全3回予定。

前回はこちら⇩
anasfc2017.hatenablog.com

 

2レグ目は北京からクアラルンプール。

1レグ目が1時間ほど遅延しましたが、乗り換えはもともと4時間もあったので余裕。

・・はい、余裕ではあったんですが、乗り換えの手続き(International Transfers)が激混みでした。

看板は出ているんですが、だいぶ前のところで行列ができていたので、最後尾らへんにいた西洋人男性に、

「What is this line?」と聞いてみる。

「I don't know,  wanna change blah blah blah」と言われたので、 まぁ合っているだろうとそのまま並んだんですが、結局1時間近く待ちました。

もちろん、乗り継ぎがタイトな人はその都度フライトナンバーが呼ばれていたので、

めちゃくちゃな乗り継ぎスケジュールでなければちゃんと乗り継ぎできたと思いますが、なんとなく怖いなー、という感じ。

私は時間に余裕があったのでそのまま待ちました。

ここまでで残り2時間。

暇なので、エアチャイナのビジネスラウンジへ。

写真はないんですが、メニューは多めだったものの、一つもおいしそうなものがなかったです。

飲茶とか少し味見してみましたが、全然おいしくなくて一口食べて残してしまった。

前後のフライトでシャンパン飲んでるし、次回はここでは何も食べずに過ごしたい。

 

ちなみに、こちら北京空港からの眺め。

  

 f:id:anasfc2017:20170306183804j:plain

 

 

そしてやっと搭乗。

また遅れたような気がするけど、あんまり覚えてない。

たいした遅延ではなかったです。

 

 f:id:anasfc2017:20170306183928j:plain

 

ウェルカムドリンクでシャンパンをもらう。

食事中もお酒はずっとシャンパン飲んでました。あとはウーロン茶とかジャスミン茶とかも飲みましたがおいしかったです。

 

隣の席には誰も座らずゆっくり。

そして!!初フルフラットシート。

くつろげすぎてびっくりしました。

映画は日本語のものがすごく少なくて、簡単そうな英語の映画見た気がするけど、もう何見たか全然覚えてない。

やばい、たった2週間でめちゃくちゃ忘れてる。

今週末も2回目の修行なんですが、次回の修行記はなるべく早く書こう・・

そして、ここでもフライトログを頼んだんですが、CAさんなかなか理解してくれなかったので、やっぱり頼む人少ないのかも。

英語で書いて、とお願いするのを忘れていて、メッセージ中国語で書いてくれていました。。

大学時代3年間も中国語専攻だったけど、全然わからない笑

乗ってくれてありがとう、また利用してね!

みたいな感じの内容だと予想。

 

というわけで、無事クアラルンプールに到着。

もう夜の22時半くらいだったと思います。

次のフライトは翌朝8時のANA便。

街に出かけて行ってもいいんですが、3月にももう一度行くし、その時は朝着夜発で日中ゆっくりできるので、その時に観光しようと思って、

今回はトランジットホテルを予約していました。

 

ビジネスシートが楽だとはいえ、乗り換え疲れたし、正解でした。

トランジットホテルなので出国も入国も必要なく、北京空港のようにカウンターに行く必要もなかったです。

でも翌朝、事件が・・

それはまた次回で!

 

 

KULタッチ修行①

この週末にKULタッチ修行の一回目を行ってきました。

3回くらいに分けて書いていきたいと思います。

 

最初に結論から言うと、やっぱりきつかったです・・笑

オールビジネスクラスの3レグでもきつい・・

3週間後にある二回目は、これに石垣島往復をつけて5レグ・・

大丈夫かな・・

正直ちょっと不安です。笑

でもまぁ、もうこんなハードなのはこれで終わりだと思って頑張るしかない・・

 

正直修行らしい修行はこの2回で終わりにしたいです。

まぁこれが終わればプレミアムポイント35000くらい行くし、

友人と海外に行こう〜!と話してるのが2件くらいあるので、そこをなんとかスターアライアンスにしてもらって、普通の旅行で達成したいです。

普通に国内線に乗る予定も数回あるので、もし足りなくても、沖縄修行1回くらい行けばなんとか目処が立つんじゃないかな?と思っています。

最近身近に修行僧を発見したので、その友人と行けば、修行っていうより普通に旅行になりそうだし、とにかく、海外タッチは思った以上にきつかったので、二回目のKULタッチ以外はやらない方向でいきます!

 

と、悪口から始まってしまいましたが、ビジネスクラスの旅自体は楽しかったですし、

フルフラットってこんなにしっかり寝れるの?映画観てシャンパン飲んで寝てたらついたけど?という感じでした。

うーん、何があんなに辛かったんだろう?

旅行記書きながら次回への改善点を考えていきたいと思います。

 

というわけで今日はKULタッチ1レグ目、羽田⇨北京をまとめてみます。

スケジュールは⇩の記事にまとめてあります。

エアチャイナで羽田北京、北京クアラルンプール

ANAでクアラルンプール成田、の3レグです。

 

anasfc2017.hatenablog.com

 

朝早起きし、8:30発に間に合うように始発で羽田空港国際ターミナルへ。

ちょっと早くついちゃいましたが、

オンラインチェックインが羽田北京間しかできなかったので、カウンターで北京KUL間も合わせて発券してもらいました。

 

ビジネスクラスなのでANAラウンジへ。

 

 f:id:anasfc2017:20170221161142j:plain

右のSUITE LOUNGEは、まぁ普通には入ることないだろうな〜。

特典航空券でファースト、いつか取ってみたいけど。

 

空港に着いた時はまだ暗かったんですが、夜明けの空港が見えました。

 

f:id:anasfc2017:20170221161214j:plain

 

そして朝からビールです笑f:id:anasfc2017:20170221161239j:plain

 

一時間ほど時間をつぶしてから搭乗。

いつもはギリギリまで搭乗しないんですが、

シャンパンが早く飲みたくて優先搭乗。

 

ビジネスクラスは7割くらいの入り。

今回の3レグのうち、ここだけお隣にお客さんがいました。

中国人らしき中年男性。

CAさんともかなり仲よさそうでしたので、常連さんなのかもしれません。

 

短距離(といっても4時間ほどはありますが)だったため、この飛行機はフルフラットではありませんでしたが、そこそこ快適。

でもこの後の2レグはフルフラットかつ、隣に人がいなかったため、かなり快適でした。

次回の修行は逆ルートになるので、この最後のフライトきつそうな予感です・・

 

そして、安定(?)の遅延。

エアチャイナは遅延が多いから乗り換え注意、とは聞いていましたが、

その通り1時間ほど出発が伸びました。

今回は乗り換えに4時間くらいあるので、特に問題はありませんでしたが、やはりタイトな乗り換えスケジュールは怖いですね。

 

で、朝も早かったので遅延にうとうとしながら待っているとなんとか無事出発。

 

ちなみに朝食はこんな感じ。

 

f:id:anasfc2017:20170221161307j:plain

 

味はまぁ普通でした。

 

そして、先日注文したフライトログが届いていたので、CAさんにお願いしてみると・・

海外ではあんまりお願いされることが少ないんでしょうか、

「これなんですか?」と聞き返されてしまいました・・

この後の北京KUL間のCAさんにも聞かれたので、エアチャイナではあまりメジャーではないのかもしれません。

 

で、英語で説明していたんですが、隣の中国人らしき男性、片言の日本語もしゃれべるので、

CAさん、急に隣の男性に中国語で話しかける。

⇨男性、日本語で「これ記念みたいなもの?」と聞いてくる。

⇨「そうです。英語で書いてください」と話す。みたいな感じの会話に・・

 

最終的には笑顔で引き受けてくださって、

降りるときに受け取りますから、と言っていましたが、着陸前に上着を持ってきてくださるタイミングで一緒に渡してくれました。

メッセージはお願いした通り英語で書いてくれていました。

 

というわけで、1時間ほど遅延しましたが1レグ目、無事終了。

北京空港に到着しました。

 

2レグ目の話は次回に続きます。